ハワイアンスピルリナ「スピルリナパシフィカ

企業名

東洋酵素化学株式会社

〒279-0041 千葉県浦安市堀江4丁目4番27号
企業ページを見る

0件のレビューを見る

品質管理認証: ISO │ GMP │ ハラル(ハラール)認証

参考価格
発注企業登録が必要です
最小ロット
10kg~
ロット割引
あり
納期
通常3~5日
ロット数量により相談
取り引きタイプ
原料
サンプル提供
あり

※お問い合わせをするには「発注企業登録」が必要です。

この商品のお問い合わせをする

お問い合わせは発注企業登録後に
必要な情報を登録された方のみが使用できます。

発注企業登録

この商品について

製造はナスダック上場のサイアノテック社
ハワイ島のコナ地区に約36万㎡の培養槽
 ハワイアンスピルリナは、米国ナスダック上場企業のサイアノテックコーポレーションが、ハワイ島コナ地区にある「HAWAII OCEAN SCIENCE & TECHNOLOGY PARK(ハワイ・オーシャン・サイエンス・アンド・テクノロジー・パーク)」内に敷設した培養槽にて生産している。
 約36万㎡にスピルリナとアスタキサンチンの原料となるヘマトコッカス藻を培養しており、年間約700トンの生産能力を有する。
 殺虫剤及び除草剤不使用、遺伝子組み換えなしで、GRAS認証、HALAL認定、KOSHER認定を取得済み。世界中に34年間の供給実績がある。また、日本国内においても東洋酵素化学が品質を厳格管理している。
自然豊かなハワイ島の海洋深層水で培養
    バナジウムが豊富なスピルリナ 
 ハワイアンスピルリナの生産地となるハワイ島は、大気に淀みがなく、13カ国の天文台が集まる場所としても有名。輝く太陽、澄み渡る青海と清浄な空気がスピルリナ生産に適した環境となっている。さらに、ハワイアンスピルリナは海洋深層水で培養された世界初のスピルリナでもある。
 深層水を用いることで、一般的なスピルリナよりもバナジウムなどのミネラル分の種類と量が豊富とである。